近年話題のリフォーム〜リフォームをする際に〜

indoor splendor

住宅と一体化

beautiful house

ビルトインガレージの現状について

都会における土地価格は一般庶民にとって、決して安くありません。車を所有している人は多いのですが、駐車スペースの確保に困っている人も少なくありません。 住宅建築に当たり、狭い土地の有効活用の一つとしてビルトインガレージの導入が図られています。ビルトインガレージとは通常、住居の一階部分をガレージにすることで、住居と一体化させたガレージのことを表します。 メリットとしては、住宅内部にあることで、防犯や保管面で優れています。さらに、自動車だけでなく、アウトドア用具なども一緒に保管することが可能です。 健康志向の高まりに伴い、気軽にアウトドアを楽しむための装備品や器具類を補完する場所としてビルトインガレージを利用する人たちが増えています。

導入する際の注意点について

住宅のデザイン面からも快適な生活を楽しみ意味からもビルトインガレージは今後も拡がりを見せていくと考えられています。そこで、ビルトインガレージの導入にあたって、注意すべき点について考えていきましょう。 まず、ガレージの駐車スペースが一階に位置することから、住宅全体の耐震性について注意が必要になります。特に三階建て住宅の場合には、この耐震性の確認が非常に重要です。 他には、水はけを良くすることも大切です。屋内であるため洗車した後の水や雨水が入った際の水はけのよさがポイントになります。 洗車のための水道と手洗い場があれば便利になりますので、導入時には考慮しておくことをお勧めします。 狭い土地を有効活用するうえでビルトインガレージは大変便利な存在になります。いくつかの注意点に気を付けて検討されることをお勧めします。